headband

血栓 溶かす

HOME >> 血栓を溶かすにはどんな方法があるの?

血栓を溶かすにはどんな方法があるの?


血栓を溶かすにはどんな方法があるのかと言うと、次のような方法が挙げられます。

食べ物に注意する
・軽い運動を行う
・薬を利用する
・サプリメントを利用する

まず、食事は毎日の事ですから、食べるものから始めましょう。

納豆のネバネバに含まれているナットウキナーゼには、血栓溶解効果があります。

つまり、納豆を毎日食べる事で、血栓を溶かす事ができるのですね。

また、軽い運動を毎日続ける事も、血栓を溶かす事に繋がります。

運動を行う事で、血液中に存在している血栓を溶かす作用のある、「t−PA」と呼ばれている物質の量が増加します。

すると、血栓がスムーズに溶けていく、と言う訳ですね。

運動は、激しい無酸素運動ではなく、軽い有酸素運動を毎日続けた方が、血栓を溶かす作用は持続します。

すぐにでも血栓を溶かさなければならない、といった場合は、血栓を溶かしてくれる薬を利用します。

血栓を溶かす薬には、「ワーファリン」や「パナルジン(塩酸チクロピジン)」といったものがあります。

ただ、薬を服用する程ではない時は、サプリメントを利用する方法もおすすめです。

サプリメントであれば、毎日飲むだけですので食事と違って、手軽に血栓を溶かす成分を摂取する事ができるでしょう。

血栓を溶かす食べ物ってどんなの?


血栓を溶かす食べ物はどんなものかと言うと、代表的なものが納豆です。

納豆のネバネバ成分に含まれているナットウキナーゼには、血栓を溶かしてくれる効果がある事は、研究の結果からも判っています。

ナットウキナーゼは酵素なのですが、血栓を溶かしてくれる効果はどんな食べ物と比較してみても、ナットウキナーゼが最も強力だとされています。

つまり、血栓を溶かす食べ物の一番は、納豆である、と言って間違いないでしょう。

また、納豆には血栓を溶かすだけではなく、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

同じように、青魚に含まれている「オメガ3」と呼ばれる、不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エンコサペンサエン酸)にも、強力な血液サラサラパワーがあります。

これは、血栓の予防に効果的ですね。

タマネギや梅干しなども、血液をサラサラにしてくれる成分が含まれています。

血栓を溶かす飲み物ってどんなの?


血栓を溶かす飲み物に、コーヒーがあります。

コーヒーには、血栓を溶かす作用のある、「t−PA」の分泌量を促す効果があります。

また、血小板の凝集を抑制する効果もありますので、血栓予防にもなりますね。

現在の研究では、1日に3〜4杯のコーヒーを飲んでいる人は、血栓などが原因となる狭心症や心筋梗塞で亡くなる危険性が、コーヒーをほとんど飲まない人と比べると、36%低い事が判っています。

同じように、脳内出血や脳梗塞といった脳血管病は、43%低くなっています。

コーヒーを過度に飲み過ぎると体に負担を掛けますが、血栓を溶かしたり血栓の予防をしたりする為には、1日に3〜4杯のコーヒーは飲んだ方が良さそうですね。


当サイトの人気記事

 1番人気! 血栓サプリメントの口コミについて詳しく調べてみました

pagetop