headband

血栓サプリメント DHA&EPA

HOME >> 血栓サプリメントにはDHA&EPAが配合されていた方がいいの?

血栓サプリメントにはDHA&EPAが配合されていた方がいいの?


血栓サプリメントには、DHA&EPAが配合されていた方がいいでしょう。

青魚に多く含まれている成分であるDHA&EPAが、血液をサラサラにしてくれる効果がある事は事実です。

また、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させる効果も期待できます。

つまり、DHA&EPAは、血栓ができる原因となるドロドロした血液の改善や、動脈硬化の予防、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少してくれるのです。

もちろん、DHA&EPAは、直接青魚を食べる事でも摂取できます。

けれど、1日のDHA&EPAの摂取目安量は1,000mgと言われています。

そのうち、サプリによる摂取目安量は半分の500mgですが、食べ物にするとクロマグロの赤身の刺し身、5人前にもなるのです。

この量を毎日の食事に摂り入れる事は、現実的には難しいでしょう。

そこで、手軽に摂取できるサプリメントを利用するのです。

DHA&EPAが配合されている血栓サプリメントであれば、毎日無理なく摂取する事が可能となります。

血栓サプリメントにはDHA&EPA以外にどんな成分が配合されているの?


血栓サプリメントにはDHA&EPA以外にどんな成分が配合されているのかと言うと、ナットウキナーゼなどが多く目につきます。

ナットウキナーゼもまた、DHA&EPAと同じように、血液をサラサラにする効果が期待できます。

その為、DHA&EPAとナットウキナーゼ、同時に配合する事で、Wのパワーで血栓ができるのを予防してくれるのです。

その他、DHA&EPAの酸化を防ぐ為に、ビタミンEといった成分を配合しているサプリメントもあります。

血栓サプリメントといっても種類はたくさんありますので、配合されている成分や量をよくチェックして、自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

血栓サプリメントのDHA&EPAって酸化しやすいってホント?


血栓サプリメントのDHA&EPAって酸化しやすいと言うのは、ホントです。

DHA&EPAが、中性脂肪を減らしたり、血栓ができにくくしたりする事は、科学的に証明されている効果です。

その為、血栓予防だけではなく、毎日の健康の為にも、DHA&EPAの摂取は勧められています。

けれど、DHA&EPAは非常に酸化しやすい、といった弱点がある事も事実です。

サプリメントが体内に吸収される前に酸化してしまうと、本来DHA&EPAが持っている効果が十分に発揮できなくなってしまいます。

そこで、ビタミンEといった抗酸化作用の高い成分を配合する事によって、DHA&EPAの酸化を防ぐ工夫がされています。

また、予め酸化しにくいDHA&EPAを使用したり、体内への吸収率を高くしたりする事で、酸化しやすいDHA&EPAの弱点を克服しているサプリメントもあります。

DHA&EPAが配合されている血栓サプリメントの場合には、酸化対策がきちんとされているかも、確認する事が大切です。


当サイトの人気記事

 1番人気! 血栓サプリメントの口コミについて詳しく調べてみました

pagetop